偏頭痛には予兆と前兆があることを、ご存知でしょうか。偏頭痛を体験したことのある方ならば、わかると思います。偏頭痛はこの予兆と前兆の段階で対応しないと、後で辛い思いをすることになってしまうのです。そこで、偏頭痛の予兆と前兆について、紹介します。 まず予兆ですが、肩こりなどを感じ始めたら少し注意したほうがよいでしょう。肩こりや眠気は偏頭痛の前触れである可能性があるので、普段以上に肩こりを感じ始めた時には一応の準備をしておきましょう。 そして、だんだんとその前兆は強くなります。最初は言葉が出にくくなったりするのですが、偏頭痛間近になると体がふらつくようになります。また、独特の前兆として、視界が狭くなってしまうことも挙げられます。自分が見ている光景の中で、見えない部分が出てくるのです。 このような症状が現れたら、予防薬を飲むようにしましょう。まだ大丈夫かな、と思っていると、偏頭痛に悩まされることになりかねません。