書籍の宣伝広告、ゴシップ紙、電話ボックスに見かける宣伝や郵便広告で、「多重債務の片付けやります」「多重負債を一括化しましょう」と書かれた宣伝を目にすることがあります。仕事 辞めたい アフィリエイト

そういったものは、「整頓人」「買取専門人」「つなぎ業者」という通称の業者の嘘広告の場合が存在します。

それらを利用した場合では自己破産フローの中で免責認可を受け取れないパターンもありえます。

「整頓屋」では、ビラなどで債務者を寄せ集め、常識外の料金を要求して借金整理をやりますが結局のところ整頓は行われないまま、当人はより負債スパイラルにはまってしまうときがほとんどと思われます。

「買取業者」というのは、債務人の分割払いでチケットなどをたくさん仕入れさせ債務者から購入した品を値段の2割もしくは半分で買い上げるという手法が知られています。

債務者は短期には現金が手に入れられますが、必ずクレジット業者経由で商品の販売額の支払い要求が送られてきて、本当は負債をアップさせる結末になります。

このケースではクレジットカード企業に対して詐欺ということになって免責承認をもらえません。

「つなぎ業者」の場合は著名な消費者金融から拒絶された負債人について、融通はせずに、金貸しをしてもらえる別の会社を知らせ、常識外の経費をもらう会社です。

紹介者は自分の手続きで資金提供してもらったように解説しますが、実際は何もしていなくて、種は簡単で選考の甘めの企業を把握しているというだけなのです。

この場合も現実には借金を増やすことになります。